Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
JP / EN

news

Archive : 0年

口に含んだ瞬間に「パッ!」と弾けるような明るい印象のお酒。
私が初めて「望」を飲んだときの印象です。
その特徴を最大限に活かしたシリーズ。
水をはね散らかす、水しぶきを上げるという意味合いの「スプラッシュ」!
ガス感を含んだフレッシュ&ジューシーなお酒を目指しました。
ラ・フランスのような香りにオリ香が合わさり、まったりとしたフルーティーな香りを感じる反面、リンゴやレモンを思わすような爽やかな香りも共存しています。
チリチリとしたガス感と、まったりとしたオリの口当たりが相反する舌心地で面白い。
中味もラ・フランスのようなフルーティーな香りが広がり、苦渋もしっかりと抑えられ、ゆっくりと消えていきます。
そんな「まったりフレッシュ」なお酒。ぜひ、お試しあれ!
栃木県 外池酒造店
「望」 スプラッシュ 純米大吟醸うすにごり生
1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

2021.03.13

「出羽きらり」という少し聞き慣れないお米を使用した純米大吟醸酒。
山形県が開発した「出羽きらり」は、日本酒専用のお米ではありませんが、大粒で心白が大きく、割れしにくいのが特徴のお米で、雑味がなくすっきり淡麗なお酒になると言われています。
竹の露合資では、JA庄内の全量契約栽培の出羽きらりを使用しています。
リンゴ系のお手本とも言える華やかな香りに、やや熟したパインや洋梨のような生き生きとした透明感のある香りを感じます。
口当たりスムーズで、すーっと口に入ってきて、もう一段階、口の中でリンゴのような華やかな香りと、ハツラツかつきめ細やかな酸味が広がる上出来な味わいです!
シリーズの中でもっとも香りが高い印象がします。これから暖かくなる季節にピッタリのお酒ですね!
山形県 竹の露合資会社
THE白露垂珠 純米大吟醸 出羽きらり50
1800ml 3,740円 720ml 1,980円[tax included]

2021.03.13

毎年、亀齢酒造の西垣杜氏がモロミの段階でもっとも良いと感じたものを1本だけ特別に瓶詰めしたものが、亀齢チェック「銀」になります。
今年はタンク21号に決まりました。
もともと香り系のお酒ではありませんで、香りは穏やかで、新酒らしくまだ閉じた印象ですが、白ブドウや梨、青草のような爽やかな香りを感じます。
口当たりはスムーズで、辛口男酒らしいしっかりとした骨格とドライな飲み口。はじめの硬い印象から口の中でゆっくりとほぐれて、旨味が出てくるイメージのお酒です。
今後の熟成により味わいの変化が楽しめるお酒だと思います。
広島県 亀齢酒造
亀齢 Check 「銀」純米無濾過生原酒
1800ml 2,423円 720ml 1,252円[tax included]

2021.02.16

香味を誰もが食べている「くだもの」に例えて、わかりやすく、楽しんで飲んでもらいたいというコンセプトの来福くだものシリーズより、新商品「ぐれふるばなな」の登場です。
バナナのような甘い香りを多くつくると言われるシャクナゲ酵母を使用。
冷えているうちは青メロンやキュウイのような控えめでシャープな印象の香り。
温度が上がってくると梨やバナナのような穏やかで甘みを感じる香りに変化していきます。
きめ細やかな酸味が口当たりに明るい印象を与え、ほどよい広がりの甘みと、カボスや和柑橘を思わすような心地よい苦味とともに消えてゆく印象です。
温度が上がるとまろやかな口当たりになり、じわっと甘みが顔を出す、異なる印象を与えます。
温度帯や開栓後の経過によって味わいが変化していくお酒です。
来福県 来福酒造
来福 くだもの「ぐれふるばなな」純米大吟醸<生>
1800ml 3,300円 720ml 1,722円[tax included]

2021.02.08

高知の銘酒「土佐しらぎく」のナチュールシリーズ。新酒一発目が登場です!その名も「天(てん)」。
ひとことで言えば、「非常にみずみずしくシャープ」なお酒。
メロンやライチ、バナナを思わすようなフレッシュな香り。例年よりくっきりと香りが立つイメージで新鮮です。
口に含むと微量のガス感と繊細な酸味が舌を刺激します。含みにオリ特有の香りを感じますがあまり強くはありません。
ミネラルを感じる新酒らしい硬さの残るシャープなイメージで、心地よい苦味とともに消えていきます。
毎年、この後に「水(すい)」という直汲みが登場しますが、違いがわかりにくいということで、今年よりこの「天」はおりがらみのお酒になりました。
そのより初々しい味わいを存分にご堪能くださいませ。
高知県 仙頭酒造場
土佐しらぎく ナチュール「天」おりがらみ生
1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

2021.02.02

コンセプト・ワーカーズ・セレクション、豊能梅G×Aシリーズ5年目突入となります!
第一弾はこのシリーズでもっとも人気の高い、新酒おりがらみ生ピンクラベルからのスタートです!
光沢フィルムに輝くピンク色のラベルにふさわしい、フレッシュで生き生きとしたお酒。
香りはみずみずしい洋梨やリンゴ、ライチを思わす香りと、オリ由来のクリーミーな香りが共存しています。
開栓後すぐはチリチリと繊細なガスを感じますが、新酒特有の硬さや苦味は抑えられ、オリの量もほどよく、フレッシュでシャープな印象のお酒です。
喉越しにパンと香りが跳ね返り、スッときえてゆく、バランスの良い上出来なお酒に仕上がりました。
ぜひ、今年の新酒もよろしくお願い致しますm(_ _)m
高知県 高木酒造
豊能梅 純米吟醸 G×A おりがらみ生
1800ml 3,300円 720ml 1,711円[tax included]

2021.01.27

「真骨頂」とは、その人や物がもっている本来の姿、「真の値打ち」を意味する言葉です。
西條鶴の真の値打ちとは、はやり造り手「宮地充宜」が大好きな甘口な味わい。
それは、甘ったるいのではなく、きちんと酸味との調和が取れたみずみずしい味わいであること。
私はそれを「キュートな味わい」と表現しています。
桃やイチゴ、ライチを思わすような甘くキュートな香りがします。
新酒しぼりたてらしい幸水梨を思わすようなみずみずしい口当たりに、若々しい酸味。
甘味は強くは感じず、キュートな酸味とうまく調和しているイメージです。
なみずみずしい飲み口が、杯を重ねても飽きること無く、食事との相性も良い純米吟醸酒です。
少し「キュート」使いすぎたでしょうか?
広島県 西條鶴醸造
西條鶴 純米吟醸 「真骨頂」 生
1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

2021.01.20

こんなお酒もアリだと思う。
香りは上品ながらもリンゴを思わす甘く爽快な香りと、乳酸を思わす穏やかな香り、熟成により引き出されたマンゴーや洋梨のようなトロピカルな香りを感じます。
ここまではよくある日本酒。
口に含むと控えめな旨みとキュッとしたみずみずしい酸味を感じます。生き生きとした柑橘系のイメージはライトな白ワインに近いものがあります。
しかし、飲み続けているともう一歩進んでレモンサワーのような爽快な味わいに気づくのです!
今の時期ですと生牡蠣は最高に合います!野菜のテリーヌや白身魚のカルパッチョ、野菜のマリネなどの前菜から、和食だと貝類の刺し身、天ぷら(塩)など、さっぱりとした味付けの料理と相性が良いです。
食べ合わせを楽しんでください!なので、こんなお酒もアリだと思うのです。
岐阜県 林本店
百十郎 KEWAI 純米吟醸
1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

2021.01.15

広島県は五日市という町に200年以上続く「八幡川酒造」という老舗蔵元があります。
広島でも西方面は、廿日市市にある中国醸造を含め、2軒だけとなってしまいました。
県外における認知はもとより、広島市内においても派手な販売展開はしておらず、地場の五日市という小さな町でほそぼそと消費されている小さな蔵元です。
もちろん大吟醸から普通酒まですべてのお酒を作っていますが、その中でもっとも人気なのが「活性にごり酒」。
「八幡川といえばにごり酒」という認知は、このお酒を知っている人であれば、誰しもが思うこと。
しかし、そのにごり酒は昔ながらの水飴、糖類、醸造アルコールを添加した19度もあるストロングタイプ。
「旨いからといって、飲みすぎてしまうと立てなくなるぞ」とよく聞かされました。
さて、コンセプトワーカーズセレクションにおいて、そのもっとも蔵元が得意とする「にごり酒」にターゲットを絞りながら、次世代の方にも楽しんでもらいたいとの思いでつくったのが、この八幡川「てぶくろ」ほろよいにごり酒です。
純粋に米と米麹だけでつくりました。
新酒らしい青バナナやフレッシュミルク、麹由来のコクのある香りを感じます。
昔ながらのザルで人間がもろみを手濾ししています。
強い活性ですが、ガス抜き栓ですので、よほどコンディションが悪くない限り、吹き出すことはありません。
オリのまったりとした口当たりと、反面ドライなキレが特徴的なお酒で、食事とも合わせやすいにごり酒だと思います。
ぜひ、小さな町の小さな蔵元を、みなさまと一緒に育てていただければ、私にとってこの上ない喜びです。
広島県 八幡川酒造
八幡川 「てぶくろ」 ほろよいにごりさけ
1800ml 3,300円 720ml 1,712円[tax included]

2021.01.12


「飲んだイメージを音で表現する」華鳩 味覚音シリーズ最終章。
今回の商品名は、“キューン めろーん スーン。”
アタックの「キューン」は、微量のガス感と酸味による口に広がる爽やかな印象を表現。
ミドルの「めろーん」は、メロンやクリームソーダを思わすような香味が口に広がります。
アフターの「スーン」は、このシリーズの生酒に比べ、余韻は短く、綺麗にスッと消えていくイメージを表現。
音での表現ではないですが、メロンっぽい爽快感を思わず「めろーん」と表現してしまったファニーな1本です!
広島県 榎酒造
華鳩 味覚音 “キューン めろーん スーン。”
1800ml 3,390円 720ml 1,790円[tax included]

2020.12.29