Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
JP / EN

news

Archive : 0年

ただお酒を飲むだけでなく、農業にも関心をもってもらいたいとの思いから、印象的なラベルでデビューした小左衛門のデッサンシリーズ。

この「土」のラベルは、実際に田んぼの土をもらってきて、玄関先にシートを引き、土を投げて、何パターンか写真取り。
それをパソコンに取り込み、グラフィック専用のペンで細くラインを書き込んでいき、デッサン風に仕上げたデザイナーの努力作なのです。

この土が弾けるイメージと、おりがらみのシュワッとした微活性感のある味わいがマッチしており、シリーズの中でも人気のお酒です。

岐阜県 中島醸造
「小左衛門」 Dessin【土】純米大吟醸おりがらみ<生>
1800ml 3,399円  720ml 1,790円 [tax included]

2021.07.26

冷蔵庫で1年半ゆっくりと熟成させた味わいは、キレの良いシャープな印象ながらも、どこかやわらかさを感じる相反するものを兼ね備えた上出来な逸品。

白桃や白ブドウ、バナナ、メロンのような穏やかな香りに、乳を感じさせるやわらかい香り。
微量のガス感が生き生きとした印象を与え、やわらかくもシャープにキレてゆく最高の食中酒です。

山縣といえば、オリンピックの日本選手団主将を務める山縣亮太という選手がいます。
3年ほど前、広島陸上競技協会のイベント打ち上げに、この「山縣」のお酒を飲んでもらい、気に入って頂いた経緯があります。
今回、その山縣選手の活躍を願い「山縣9.95←100m日本新記録」の丸シールを付けております。

山口県 山縣本店
新「山縣」 超辛口 純米無濾過原酒 <生>
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.07.21

白桃やラフランス、パインを思わす色っぽい甘い香りがします。例年、トロピカルという印象ですが、フルーティーながらも、どこか艷やかな印象の香りです。

 

口に含んだ瞬間、微量のガス感と酸味が舌を刺激し、フレッシュ感ときめ細やかな印象を与えます。
中味はラ・フランスのような香味が口の中に広がるボリューム感のある味わいで、余韻もしっかりあるリッチな仕上がりです。

 

コンセプトワーカーズセレクションの中でもトップクラスの薫りの高さとなります。

 

岡山県 菊池酒造
「新きらめき燦然」 純米吟醸 朝日55 <生>
1800ml 3,300円  720ml 1,722円 [tax included]

2021.07.20

「低アルコールなんだけど、旨味や個性のあるお酒を作りたいよね」という会話より生まれた天明の新作。

 

フレッシュ感が欲しかったので、微量のオリを絡めてチリチリしたガス感を演出。
料理と合わせるのに酸味もポイントだよねということで、山廃仕込らしいしっかりとしたコクと、爽やかな柑橘系の酸味を、軽やかさの中に表現しました。

 

いつまでもスイスイ楽しめる味わいです。しっかり冷やしてお楽しみください。

 

福島県 曙酒造
「天明」MITSUGO AQUA(アクア)純米<生>
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.07.15

口に含んだ瞬間に「パッ!」と弾けるような明るい印象のお酒。

青リンゴのような爽やかな香りに、チリチリしたガス感と、のりはじめた旨香が相まって、ラムネのようなイメージも感じます。
丸みのある味のりしたリンゴのような甘みが、口の中で相反しながら躍動する舌心地が面白いお酒です。
苦渋もしっかりと抑えられ、ある程度の余韻を持ちながら消えていきます。

そんな「フレッシュ&フルーティー」なお酒です。

栃木県 外池酒造店
「望」 スプラッシュ 純米大吟醸 火入れ
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.07.10

今年は昨年よりリリース時が少し遅いですが、その分冷蔵庫で良い熟成をしており、昨年感じた青っぽいイメージの香りをあまり感じない、良いコンディションに仕上がっていると思います。

おりがらみ特有のヨーグルトやミルクを思わす香りに、リンゴのような華やかさと、幸水梨やバナナのような膨らみのある香りを感じます。昨年より活性は強めで、注いだときの泡立ちは控えめですが、口に含んだ瞬間に泡が口いっぱいに広がり、クリーミーな旨味を楽しめます。

それはまさに「大人のカルピスソーダ」。

そのまま乾杯で飲んでも美味しいですし、揚げ物やコッテリとした肉料理など、脂っこい料理の油を流してくれる、現代の味付けの濃い料理にもマッチする味わいだと思います。

愛知県 山崎合資
奥 THE MOON「満月」 純米吟醸おりがらみ<生>
1800ml 3,388円  720ml 1,793円 [tax included]

2021.07.08

シャクナゲ酵母は、バナナのような香り(酢酸イソアミル)を多く作る酵母です。
蔵元も指摘しているとおり、この酵母を使うと熟が早い傾向があるため、昨年は秋口に「ぐれふるばなな」という商品を発売しましたが、今年はフレッシュ感を重視するために、早めにリリースすることにしました。

香りは控えめですが、青バナナや赤い花のような香りを感じます。
口に含んだ際のガス感がフレッシュ感を演出し、厚みのある旨味ときめ細やかな酸味とのバランスが絶妙です。
そして少し苦味を残しながらキレてゆく味わいは、食中酒に最適なお酒といえます。

茨城県 来福酒造
来福 元祖くだもの「ばなな」純米大吟醸<生>
1800ml 3,300円  720ml 1,722円 [tax included]

2021.07.01

西條鶴は、造り手である宮地杜氏が甘いお酒が好きということで、甘くてジューシーな味わいがウリのひとつです。
そんな宮地杜氏が造る真逆の正当な辛口酒。
広島県が開発した9号系の酵母KA1-21neoを使用し、酒度+10の超辛口に仕上げました。
若々しい和梨や白玉のようなクリーミーな香りに、イチゴのようなキュートな酸味を香りから感じとることができます。
厚みのある口当たりに、舌先に乗ってくる旨味が心地よく、酸味とともにスッと消えてゆくキレの良さが「辛口酒だね」と感じさせてくれます。
そんな辛口酒好きのニーズに答える「辛口だね」とちゃんとわかる味わいながら、甘口酒といわれる西條鶴らしさも健在な1本!
脂っこい料理との相性が良いです。焼きほっけ、焼き鳥(タレ)、鰻の蒲焼など。
塩気のあるもの、イカの塩辛、アンチョビのパスタなど、料理がススムお酒です。
広島県 西條鶴醸造
西條鶴 純米吟醸 「破天荒」 超辛口
1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

2021.06.22

過去に岡山のお酒を集めて利き酒をしたところ、そのクオリティーの高さに驚き、すぐに電話をしてコンセプト・ワーカーズ・セレクションのお願いしたのが4年前。
この大典白菊は発売当初ゆっくりのスタートを切りましたが、特に昨年からは味わいの良さからリピートも多くなり、おかげさまで今年はリリース本数を増やしてのスタートとなりました(^^ゞ
毎年この時期に発売される「シュワッと爽快」な1本が、このサンライズブルーです。
昨年よりやや香りは落ち着いている印象ですが、逆に透明感やミネラル感のある印象です。
カプロン系のお手本とも言える華やかなリンゴを思わす香り。含みにしっかりとしたガスを感じ、新酒ですが苦味や硬さは感じません。
なめらかで初々しい旨味がのっており、リンゴやラフランスのような香りが口いっぱいに広がるジューシーな味わいです。
フレッシュ&フルティーがお好きな方に、自信をもってオススメ致します!
岡山県 白菊酒造
大典白菊 サンライズ ブルー 直汲み生
1800ml 3,399円 720ml 1,760円[tax included]

2021.06.18

くだものシリーズとして発売して早3年がたちます。おかげさまで、「わかりやすい」「かわいらしい」「美味しそうに見える」などたいへん好評をいただいており、昨年には、このシリーズより派生した新ブランド「くだもの-KUDAMONO-」を発売するまでに至りました。
しかし、この来福は当時のラベルデザインを貫きたいと思います。
前回は酒米「八反錦」を使用しましたが、今回は「ひたち錦」を使用。
リンゴといえばリンゴ。新酒らしい青メロンや柑橘系の香りも感じます。
このお酒の醍醐味は、なんといっても含んだ際の微量のガス感+きめ細やかな酸味!
ハツラツとした酸味が若いリンゴをまるかじりしたときのようなイメージを彷彿させます。
上品な甘みと、心地よい苦味で切らすお酒で、ラベルのイメージとは相反して、意外と飲み続けることが出来るバランスの良さ。そこに来福の実力を感じます。

 

茨城県 来福酒造
来福「くだもの【りんご】純米大吟醸生酒」
1800ml 3,300円  720ml 1,722円 [tax included]

2021.06.11