Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

instagram

news

Archive : 0年

「菊もと」とは何か?

蔵元曰く、昔の文献をさかのぼってみると、はっきりとは理解できないのですが「菊もと」という言葉が出てくるそうです。

それは菊の花が咲くまだ暖かさが残る時期に「水もと」の製法で作った日本酒のこと。

ワインは通常、酸度の数値測定などしませんが、あえて測定すれば赤白ワインともに、7~8ぐらいの酸度と言われています。

この菊もとの製法で造ったお酒の酸度は、7.7!
ワインに匹敵する酸味です!

飲み口から後口まで終始酸味が主張するのところがなんといっても特徴的で、和柑橘系のような香りが強く、製法由来の熟成チーズのような香りが共存する個性的な1本に仕上がっています。

ぜひ、未知の体験をあなたもぜひ。

奈良県 大倉本家
「大倉 源流 菊もと 純米無濾過生原酒」
1800ml 3,300円 720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.27

飲んだ瞬間のガス感と緻密な酸味が、パッと明るく好印象!

造りの後半に瓶詰めし、冷蔵庫で半年程度熟成させた無濾過生原酒です。今飲んでも美味しいですし、もっと熟成させても良いような酒質の良さを感じます。
穏やかな果実香に少しクリーミーなイメージも。

口に含んだ際のガス感と、きめ細やかな酸味がパッと明るい印象を与え、ライチやブドウ、梨のような含み香による、果実がプチプチと弾けるような味わいが飲んでいて楽しいです。

ほどよい旨みと苦渋少なく消えてゆくキレの良さ。

和食だけはなく、洋食にも合わせていただきたい逸品です。

山口県 山縣本店
新「山縣」純米無濾過生原酒 西都の雫
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.22

やわらかくもシャープなすっきり系おりがらみ生。

熟したりんごや洋梨のような爽やかな香り。

微量のガス感とおりがらみならではのまろやかな口当たり。
果実を思わす爽やかな旨みがパッと広がったと思うと、辛口らしいシャープのキレの良い味わい。

苦味や渋味は感じません。軽く冷やしてお楽しみください。

岐阜県 林本店
「百十郎」 SUKEROKU 純米吟醸 おりがらみ生
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.18

旨みのピーク!強いガス感も相まって、ジューシーラムネのような味わいに驚きが隠せません。

生熟により熟したリンゴの香りに変化したイメージに。

開栓時にポン!と音がするぐらい、しっかりとしたガス感があります。
旨みがしっかりのっていますが、重たいというところまでではなく、今がピークだと思います。

そのしっかりとした旨みと酸味が、口の中で相反しながら躍動する、「フルーティー&ジューシー」な味わいです。

栃木県 外池酒造店
「望」  スプラッシュ純米大吟醸 直汲み生酒
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.13

みずみずしい和梨のような、つるんと飲めるフルーティーな味わい。

和梨やライチのような香りを感じ、口当たりのガス感は無いものの、つるんとしたみずみずしい口当たりが特徴です。

うすにごりですがオリの香味はあまり感じず、グラスを回すと香り系酵母らしいりんごのような香りが広がり、程よい旨味とともにすーと消える引きの良さです。

よーく冷やしてお楽しみください。

岡山県 白菊酒造
「大典白菊」  サンライズ「イエロー」うすにごり生酒
1800ml 3,399円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.12

シャープな味わいの千本錦をゆっくりと低温熟成させた逸品。

プンプンという香りではなく重厚感のある落ち着いたという前提で、パインやリンゴのようなトロピカルな香り、蜂蜜のような甘い香りを感じます。

しっかりとした酸味が第一印象で、長めの含み香とふくよかな旨みが印象的です。
味の広がりと心地よい渋みと共にシャープに消えていく引きの良さも魅力のひとつ。

盃を進めるごとに口の中で馴染んてゆく味わいは、ぜひ脂ののった焼き魚など、しっかりとした味わいの料理と合わせてお楽しみください。

広島県 亀齢酒造
「亀齢」  Check「紫」特別純米無濾過生原酒
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.09.26

奇跡の20ヶ月熟成!豊能梅は長期熟成させても美味しい。

ラムネを思わす爽快さと、シャープな味わいが特徴の高知県は高木酒造の「豊能梅」。
このような「爽快な味わいのお酒は、長い熟成に向かないのでは?」と偏見を持っていましたが、冷蔵庫で2,3年寝かせてもヒネもなく、味がくどくなることもなく美味しくなる!ということが判明し、昨年より冷蔵庫で長期熟成させました。

グラスに注いだ瞬間、リンゴの蜜を思わす上品な立香を感じ、「これは良いお酒じゃないか」と飲む前から予感させます。
リンゴやパイン、ラ・フランスのような香り。スムーズな口当たりに、熟成より引き出された上品な甘み、厚みのある旨みが特徴です。

高知県 高木酒造
「豊能梅」  純米吟醸 G×A 番外編
1800ml 3,300円  720ml 1,711円 [tax included]

2021.09.17

複雑ながらも清らかな甘み、やわらかなコク。やさしさ全開の味わいに仕上がりました。

年々、低アルコールが主流になっていく中、「低アルコールなんだけど、旨味や個性のあるお酒を作りたいよね」という会話より生まれたアクアに続く新シリーズです。

熟したバナナを思わす香りがメインにあり、メロンや幸水梨のようなみずみずしい香りを感じます。
オリが絡んでいますが、全体の1%程度と少なめですので、オリ臭さはなく、微量のガス感がフレッシュさを演出しています。

口の中で転がすと、生もと由来の複雑ながらも清らかな甘み、乳を思わすやわらかなコクを感じ、すっと消えてゆく喉越しの良さは、体に負担の少ないやさしい味わいです。

福島県 曙酒造
「天明」 MITSUGO【桃】純米<生>
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.09.12

CWSの中でも一際味個性を放つ「大倉 源流シリーズ」に、「古代もと」が仲間入りしました。

通常はお酒を仕込む際に”三段仕込み”という製法を用いますが、「古代もと」では一段仕込みで仕上げています。
仕込み回数が少ないということは、酒母の味わいに直接影響されやすくなるため、「源流シリーズ」の中でも、もっとも重厚感のある濃厚な香味が特徴です。

熟成チーズや乳、熟成したりんごのような香りに、もったりとした口当たり、濃縮したお米の旨味が口いっぱいに広がります。

それはまるでカルピスの原液を飲んでいるかのよう。

ロックにしても良いですし、よく冷やして甘口ワイン感覚でもお楽しみいただけます。

奈良県 大倉本家
「大倉」 源流 古代もと 純米無濾過生原酒
1800ml 3,300円  720ml 1,760円 [tax included]

2021.09.09

お酒造りに必須の酒米を作る農家に、もっと関心をもってもらいたいとの思いから、「土」「根っこ」「米の芯」とラベルをシリーズ化しています。
今回ご紹介しますのは、シリーズの中でも1番人気の「根っこ」です。

穏やかな香りとふくよかな旨みと、バランスの良い飲み飽きしない味わい。

香り系といいながらも、非常に穏やかでクリーミーな落ち着いた香りです。
熟した梨のようなふっくらとしたイメージとデラウェアや和柑橘のような締まった香りがアクセントに。
口当たり柔らかくふくよか。和三盆のようなコクを感じる甘みを、程度な酸味が最後まで包み込んでいる印象です。

後半の心地よい渋みがお酒全体を締めており、飲み飽きしない味わいに仕上がっています。

岐阜県 中島醸造
「小左衛門」 Dessin【根っこ】純米大吟醸<生>
1800ml 3,300円  720ml 1,790円 [tax included]

2021.09.03