Loading...

株式会社

facebook instagram

news

Archive : 2018年

平清盛が沈む太陽を扇で止めて一日の内の開削したという伝説の「音戸の瀬戸」で知られる呉市音戸町にある榎酒造。その懐かしくも新しい瀬戸内海風情をラベルに落とし込んだ「peaceful」シリーズの第三段が、この「汐の光」です。これまでの「汐と風」「汐の音」はフレッシュかつ女性的な味わいが人気でしたが、この「汐の光」は、昔ながらの生もと造りで仕込んだ辛口の男性的な味わい。これからの寒くなる季節は燗付けしても良し。そして、酒好きには重宝する「塩っけ」のある料理と非常に相性が良い。あさり蒸し、じゃこ料理、塩辛、からすみなどの珍味にも。ぜひ、ご家庭でラベルを見ながらチビチビ楽しんでいただきたいお酒です。

華鳩 peaceful「汐の光」純米吟醸
1800ml 3,380円 720ml 1,740円[tax included]

2018.11.05

ラベル中央「CUVEE’ JAPON」の下に書かれている言葉。「何かをはじめるのに遅すぎるということはない。今年、林本店は生まれ変わりました。造りだけでなく、気持ちも新たに、日本を代表するお酒を造りたい。。。その表れが百十郎キュベ・ジャポンです。」とフランス語で書かれています。2016年の1月に初めてリリースした「キュベ・ジャポン」シリーズ。この思いをいつまでも忘れずに商品開発に取り組みたいと思います。この“浅葱(あさぎ)”は、富山県は南砺市にある「さくさく村」の五百万石を使用し、生酒のまま冷蔵庫でゆっくりと熟成させました。パインや熟した柑橘系の香り、生熟成らしい旨味の広がりをお楽しみください。

百十郎 キュベ・ジャポン「浅葱」直汲み<生>
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.11.07

ラベルをよーく見ていただけますとわかるのですが、ラベル中央の黒のドットは天明の「天」を表しており、印字です。それ以外、両サイドのドットは、切り抜き加工が施されており、一見、黒の印字のように見えますが、実は瓶の色です。「だから何なの?」と言われそうですが、そのようなデザイナーさんの遊びココロを大切に、お酒の楽しさを提供していきたいと思っています。次に「MISTUGO三つ子」という名前の由来ですが、原料は広島県の北部に位置する安芸高田市高宮町の「雄町」を使用しています。同じ原料をもとに、「速醸」「山廃」「生もと」という製法の違いで、味わいの違いを表現していることから「MISTUGO三つ子」と名付けました。この「銀」は、昔ながらの製法である生もと造りでつくられたお酒。和柑橘や和梨のような控えめな香り。飲み口に感じる繊細な酸味がこのお酒の真骨頂で、内に秘めた旨味がじわっと出てくる、全体的にシャープなイメージのお酒です。

天明 MISTUGO「銀」生もと純米80<生>
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.10.29

広島の西條鶴醸造さんに「西條鶴 純米原酒 プレミアム13」という商品があります。お酒を搾る前のモロミの段階で、丁寧に追い水していき、13度という低いアルコール度数ながら上品な旨味を表現したお酒です。今年、このお酒の出来が非常に良かったものですから、「これを樽熟成したらどうなるだろう」という好奇心からはじまった商品です。使用したワイン樽は、フランスはナダル社のオーク樽で、シャルドネ、セミヨン、最後はメルローと8 年に渡り三次ワイナリーで活躍したものです。約7ヶ月間寝かせました。日本酒そのものが熟成した香りの要素である、イチジクや梨のドライフルーツのような香りに、樽由来のウッディ、バニラ、ナッツ感が加わった面白い香りがします。軽快な口当たりながら、樽由来のもったりとした中味が特徴。熟成されたまろやかな酸味が心地よい、全体的にはスムースな味わいです。地元広島のワイナリーと酒蔵のコラボ商品。ぜひ、一度お試しください。

西條鶴×TOMOE フュージョン Light
720ml 1,985円[tax included]

2018.10.22

日本酒の原料である「お米」にとことんフィーチャーしたお酒。まずは、デザイン。広島在住の対馬デザイン・対馬肇氏による作品。4種類の米粒を丁寧にデッサンしていきます。その4種類の米粒をデザインソフトで幾度にも重ね合わせ、日本の国旗を表現しました。次に原料米。岐阜県を代表する酒造好適米である「ひだほまれ」を使用。作るのはこのお酒を造る中島醸造さんの地元瑞浪市の営農組合「日吉機械化営農組合」の板橋組合長さんたち。板橋さんも日本酒が大好きで、好きが高じて酒米作りにも気合が入ります。最後に「酒」。このお酒で3造り目(3年目)となります。毎年そうなのですが、搾ってすぐは味のりの悪い困った子。夏場を過ぎるとグンと味に伸びが出始め、旨味と酸味のバランスが整った立派な成人になるのです。いつもは火入れですが、今年は300本限定で生酒をリリース致しました。手間がかかる子ほど可愛いというやつですか。

小左衛門 Dessin 「米の芯」 限定生
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.10.19


このお酒をつくる山口県周南市にある「はつもみぢ」は、日本酒消費量の低迷の煽りを受け、昭和60年に醸造を一度停止した蔵元です。しかし、現社長の原田康宏さんの「日本酒をその土地での文化として残していきたい」との強い思いから平成17年に20年ぶりの酒造が再開となり、現在に至ります。蔵元に訪問すると本当にビックリしますよ。ちょっとした給食センターのような超コンパクトな敷地内で、四季醸造を行っています。小さな造りでいろいろこまめに造ることができる。このことから「原田(HARADA) カスタムオーダー」シリーズが誕生しました。リンゴ系、プラムやイチゴのような香りも感じます。含みは洋梨の香りが強いです。冷やすとチャーミングな甘味とキリッとした酸味を感じながら楽しめますが、温度があがると、ふくよかな旨味としっかりとした余韻を感じるボリューム感を楽しめるお酒です。

原田(HARADA) カスタムオーダー02
1800ml 3,240円 720ml 1,670円[tax included]

2018.10.15

このお酒をつくる蔵元五代目の高木直之さんは、蔵に戻る前にバイオテクノロジーの会社で微生物関係の仕事を10年勤めていた方です。よって、原料である酒米と使用する酵母の組み合わせで、味わいの異なるお酒をたくさんつくっています。その組み合わせをずーと見ていると、ひとつだけない組み合わせがありました。それが、高知の酒米「吟の夢」と高知酵母「AC95」の組み合わせでした。このような経緯から、それぞれの頭文字をとって「G×A」は誕生しました。リンゴや洋梨、ラムネを思わすような爽快なイメージの香り。温度が上がるにつれ、バナナのような香りも顔を見せます。口当たりは繊細でシャープ。未だ初々しく、過度に突出する要素の少ない、バランスの良いスマートなお酒です。(今年の白ラベルは、全米日本酒歓評会2018吟醸部門にて金賞を受賞致しました)

豊能梅 純米吟醸 G×A 白ラベル
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.10.05


かれこれ20年以上も前の話になりますが、ある居酒屋で感動を覚えるほどおいしいお酒に出会ったことを今でも鮮明に覚えています。そのお酒には「杜氏 西垣信道」と書かれてあり、銘柄は「悦凱陣」。どんな蔵なのだろう、どんな人がつくっているのだろう。すぐ蔵を訪ねた経緯があります。飲んだお酒は、西垣信道杜氏と西垣昌弘さん親子がつくった酒。昌弘さんは21歳のとき蔵人として酒づくりをはじめ、24 歳で父親が杜氏を務める香川の丸尾本店へ入蔵。父から酒づくりの精神と技術を授かり、二人三脚で酒づくりに取り組んできました。平成10年10月、縁あって西垣親子は広島にある亀齢酒造の酒づくりを任されます。酒づくりの姿勢は昌弘さんに受け継がれ、3年後に信道杜氏が引退。それから昌弘さんが杜氏として酒造りに取り組みました。普段は温厚な昌弘さんですが、酒造りに妥協はなし。酒造りに向かう姿には鬼気迫るものがある。思いっきり気合の入った酒。それが昌弘杜氏のお酒なのです。
亀齢 Check 「紫(パープル)」特別純米無濾過生原酒
1800ml 3,240円 720ml 1,690円[tax included]

2018.09.28

お酒に関わらず、普段自販機で買う飲料水のおいても、時代は「味わいライトに」「フレーバー重視」に向かっています。昔の缶コーヒーやネクターを代表とするひと世代前のジュースは、今の私達には甘くて飲めないかもしれません。また、「い・ろ・は・す」を代表とするフレーバーウォーターや、透明な紅茶、そして今やコカ・コーラやコーヒーだって透明なものが商品化されています。私達が小さい頃であれば「こんな薄い飲み物、ジュースじゃないよ」と言われかねない飲み物がヒットする時代となりました。さて、今回ご紹介する「奥」feelingは、そんな時代に逆行する商品かもしれません。アルコール度数18度以上にすることによって、華やかな香りと独特の“トロミ” が生まれるという初期のコンセプトを大事に守っている日本酒です。さらに低温にてゆっくり熟成させることにより、新酒のときの青さは抜けて、熟したメロンやバナナのような落ち着いた香味に仕上がりました。そんな大人だけの楽しみである「高貴なとろみ」をゆっくりと味わっていただきたい逸品です。

1800ml 3,240円 720ml 1,690円[tax included]

2018.09.25

コンセプトワーカーズセレクションでは、地元広島のJA安芸さんと一緒に「千本錦」という酒米を作っています。この一代弥山プレミアム01は、この千本錦を一部に使用したお酒です。今回の西日本豪雨被害におきまして、JA安芸さんの管轄するエリアである、海田町、熊野町、坂町、安芸区は、連日テレビ放映されておりました特に被害の大きいエリアで、農作物の被害は甚大でした。このような災害が発生しますと、いろいろなところで復興支援の活動が行われますが、我々としましては、たとえ小さくても直接人と人が関わっている、嘘偽りのないまっとうな復興支援をしたいと思い、販売数量のうち1800ml1本につき200 円、720ml1本につき100 円をJA安芸さんに義援金として直接手渡ししようと考えました。お酒としても非常にクオリティーの高い仕上がりです。ぜひ、皆様のご協力をよろしくお願い致します。

1800ml 3,240円 720ml 1,690円[tax included]

2018.09.17