Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
JP / EN

news

「菊もと」とは何か?

蔵元曰く、昔の文献をさかのぼってみると、はっきりとは理解できないのですが「菊もと」という言葉が出てくるそうです。

それは菊の花が咲くまだ暖かさが残る時期に「水もと」の製法で作った日本酒のこと。

ワインは通常、酸度の数値測定などしませんが、あえて測定すれば赤白ワインともに、7~8ぐらいの酸度と言われています。

この菊もとの製法で造ったお酒の酸度は、7.7!
ワインに匹敵する酸味です!

飲み口から後口まで終始酸味が主張するのところがなんといっても特徴的で、和柑橘系のような香りが強く、製法由来の熟成チーズのような香りが共存する個性的な1本に仕上がっています。

ぜひ、未知の体験をあなたもぜひ。

奈良県 大倉本家
「大倉 源流 菊もと 純米無濾過生原酒」
1800ml 3,300円 720ml 1,760円 [tax included]

2021.10.27