Loading...

株式会社

facebook instagram

news

このお酒をつくる蔵元五代目の高木直之さんは、蔵に戻る前にバイオテクノロジーの会社で微生物関係の仕事を10年勤めていた方です。よって、原料である酒米と使用する酵母の組み合わせで、味わいの異なるお酒をたくさんつくっています。その組み合わせをずーと見ていると、ひとつだけない組み合わせがありました。それが、高知の酒米「吟の夢」と高知酵母「AC95」の組み合わせでした。このような経緯から、それぞれの頭文字をとって「G×A」は誕生しました。リンゴや洋梨、ラムネを思わすような爽快なイメージの香り。温度が上がるにつれ、バナナのような香りも顔を見せます。口当たりは繊細でシャープ。未だ初々しく、過度に突出する要素の少ない、バランスの良いスマートなお酒です。(今年の白ラベルは、全米日本酒歓評会2018吟醸部門にて金賞を受賞致しました)

豊能梅 純米吟醸 G×A 白ラベル
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.10.05