Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
JP / EN

news

今からの新緑の季節にピッタリな爽やかなラベルと味わい。広島から隠れた銘酒をお届け致します!
その前に、副題である「FARM to TABLE」とは、「農場から食卓へ」の意味し、2010年代のアメリカ西海岸から広まった食に対する考え方のひとつです。
生産者と消費者が近い距離にあり、環境にも配慮したサステナブルな食材を地産地消するような食に関しての潮流を指します。
この本州一も、広島は熊野町の1農家が作った千本錦を、もっとも近い蔵元である梅田酒造店に送り、醸した、原料からオリジナルの日本酒になります。
リンゴやラ・フランス、白い花の蜜のような魅惑の甘い香りと、爽やかな酸味を感じるフルーティーな味わいのお酒。
スムースな口当たりに、口の中でラ・フランスのようなフルーティーな香りが上品に広がり、心地よい苦味とともに、スーと消えてゆくバランスの良い仕上がりです。
広島県 梅田酒造場
本洲一 FARM to TABLE 純米吟醸しぼりたて生
1800ml 3,300円 720ml 1,712円[tax included]

2021.04.20