Loading...

株式会社

facebook instagram

news


山口県は周南市にある酒蔵「山縣本店」より車で約30分。山間を抜けた八代という地区にファームつるの里はあります。ファームつるの里では、ICTを活用した農業生産管理システムを試験導入しており、訪問した田んぼには、センサーが設置。気温や湿度、土壌温度、土壌水分などを自動収集し記録しています。スマホのボタンひとつで水の管理ができるすぐれものも拝見してきました。そして、この山田錦の稲を見る男。2.3haの田んぼを管理する栽培責任者の仁多新太郎さん。初年度1等米からスタートし、一次は3等米まで下がったものの息を吹き返し、近年は特等を連発している栽培家。冬場は、蔵で酒造りの手伝いもする山縣本店には切っても切れない強力な助っ人なのです。次回発売する「山縣 純米無濾過生原酒」は、今年からこのファームつるの里の山田錦を使用しています。ぜひ、ご期待下さい。

2018.08.18