Loading...

株式会社

facebook instagram

news

しぼってすぐのフレッシュなお酒も美味しいですが、アルコールたるもの熟成による味の深みを楽しむのも良しです。お酒の場合、人が口にしてお腹が痛くなる場合は「腐敗」といいますが、飲んでもも問題がない場合は「発酵」と言います。なんとも人間本位の便利な言葉ですが、飲んでも問題がないだけではなく、美味しく感じるとなると「良い熟成をしてる」となるわけです。さて、この亀齢チェック紫(パープル)は、広島県が開発した「山田錦」と「中生新千本」の掛け合わせで誕生した「千本錦」という酒米を使用しています。すっきりとした味わいに仕上がる傾向があるので、しぼってすぐに飲むのではなく、-2℃の冷蔵庫で生のまま、ゆっくりと半年以上熟成させました。まさに「今が飲み頃」。旨い酒です。。。
広島県 亀齢酒造
亀齢Check「紫」特別純米無濾過生原酒
1800ml 3,300円 720ml 1,720円[tax included]

2019.10.11