Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
  • 日本語
  • English

    news

    「辛口のお酒ください」というフレーズ。近年よく耳にしました。ラベルにも「辛口」「超辛口」のオンパレード。
    いまでも、辛口=スッキリとした味わいのお酒は人気です。
    反面、甘口のお酒のラベルには「甘口」と堂々と書かれてはいませんが、近年、密かに増殖中だと私は思っています。
    日本酒ならではの米麹から感じる甘み(旨み)は、心をホッとさせますよね。
    さて、この西條鶴というお酒を造る宮地充宣杜氏は、甘口のお酒が好きです。
    「僕は甘口のお酒が好きなんですよ」と話すときは満面の笑みです。
    しかし、ただ甘いお酒は少し飲むのには良いですが、飲み続けることはできません。
    その甘味を支えるのが、「酸味」です。西條鶴の酸味はなんともチャーミング。苺を思わすようなキュートな酸味なのです。
    桃を思わすやわらかい香り。そして、イチゴを思わすキュートな香り。綺麗な甘みとチャーミングな酸味が同時に舌の上に乗ってくるイメージで、最後の余韻までそれが続きます。
    幸水梨のようなみずみずしい飲み口が、杯を重ねても飽きること無く、食事との相性も良い純米吟醸酒です。
    ぜひ、お試しあれ!
    広島県 西條鶴醸造
    西條鶴 純米吟醸「紅一点」
    1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

    2020.10.26