Loading...

コンセプトワーカーズセレクション

facebook instagram
  • 日本語
  • English

    news

    いまから新酒の季節の到来です。
    新酒とは、酒造年度7月1日~翌年の6月30日内に造られて出荷されたお酒のことを言います。
    そのような専門的な話はおいておいて、その年に取れた新米で仕込んだお酒のことで十分だと思います。
    さて新酒の特徴といえば、「フレッシュ」「若々しさ」「初々しさ」などでしょうか?特に日本人はボージョレ・ヌーボーを含め、新しいものが大好きですね。
    もちろん、メリットばかりではありません。新酒ならではのデメリットもあります。香りがお酒に馴染んでおらず浮いていたり、アルコールの揮発する香りが強かったりとアンバランスな部分もあります。
    この萩乃露もしぼりたての当初はそうでした。口当たりが硬く、特に後半に感じられる苦味が強かった印象があります。
    しかし、冷蔵庫で半年以上熟成させることによって、甘い香りと中味の旨味が引き出され、見事なバランスに仕上がりました。
    グラスに注いだ瞬間に熟したリンゴのような甘い香りがした瞬間「これは期待できる!」と感じました。
    香りは熟したバナナや先ほどのリンゴのような甘い上質な香りを感じます。
    開栓時に「ポン!」と音がする、直汲みらしい心地よいガス感と、やわらかい厚みのある旨味が特徴です。
    じわー広がるしっかりとしたリッチな余韻と、ほどよい苦味と共に消えてゆく飲み心地。
    まさに、この時期だからこそ、熟成の醍醐味を教えてくれるお酒です。
    滋賀県 福井弥平商店
    萩乃露 「風Kaze」 純米吟醸 山田穂 直汲み生
    1800ml 3,300円 720ml 1,760円[tax included]

    2020.11.11