Loading...

株式会社

facebook instagram

news

日本酒の原料である「お米」にとことんフィーチャーしたお酒。まずは、デザイン。広島在住の対馬デザイン・対馬肇氏による作品。4種類の米粒を丁寧にデッサンしていきます。その4種類の米粒をデザインソフトで幾度にも重ね合わせ、日本の国旗を表現しました。次に原料米。岐阜県を代表する酒造好適米である「ひだほまれ」を使用。作るのはこのお酒を造る中島醸造さんの地元瑞浪市の営農組合「日吉機械化営農組合」の板橋組合長さんたち。板橋さんも日本酒が大好きで、好きが高じて酒米作りにも気合が入ります。最後に「酒」。このお酒で3造り目(3年目)となります。毎年そうなのですが、搾ってすぐは味のりの悪い困った子。夏場を過ぎるとグンと味に伸びが出始め、旨味と酸味のバランスが整った立派な成人になるのです。いつもは火入れですが、今年は300本限定で生酒をリリース致しました。手間がかかる子ほど可愛いというやつですか。

小左衛門 Dessin 「米の芯」 限定生
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2018.10.19