Loading...

株式会社

facebook instagram

news

Archive : 2019年 5月

山縣ふぐラベルの登場です。日本酒の呼び名は“にごらない”場合が多いです。例えば、新潟の有名なお酒「八海山」は、「はっかいさん」。山形の十四代が地元で販売する「朝日鷹」は、「あさひたか」。現代のような醸造技術が発達した今では少なくなりましたが、昔は腐造酒=濁ったお酒という印象が強く、「日本酒の名前はにごらないほうが良い」というのが酒業界の定説でした。山縣本店の山縣社長も「やまがた」とにごる読み方のため、お酒の銘柄に山縣を使うことは控えていましたが、そのような定説も薄れていく中、はやり蔵元の名前が入ったお酒はわかりやすいということで誕生したのが、この山縣アートラベルシリーズです。毎年、大阪芸術大学短期大学部の学生さんの作品を採用しています。今回は「ふぐ」。このラベル、「消しゴムはんこ」で作った作品です。小さい頃、先生の話も聞かず、消しゴムを削っていたのを思い出します。懐かしい~

「山縣」Art Label “ふぐ” 純米酒 2019
1800ml 2,850円 720ml 1,550円[tax included]

2019.05.30

オンリーワンのお酒。飲んだら「あっ!大倉だ!」とすぐわかるお酒。日本酒を飲んでいる現代人はラッキーです。間違えなく過去何千年という歴史の中で、日本酒の質は最高峰を迎えています。醸造設備の進化、醸造技術の進化、そして情報交換の活性化。どのお酒を飲んでも美味しいというラッキーな時代に、これから求められるものはオンリーワン。大倉本家は奈良県香芝市鎌田にて、昔の僧侶が考案したといわれる水もと造りを継承する蔵元。それより造られる大倉源流は、酒度-32、酸度6.5の超個性派日本酒。室町時代にタイムスリップ!なのにどこか味わいは現在風。その蔵元の突き詰める揺るぎない個性。やはりパーフェクトなお酒より、少し愛嬌がある方が飽きずに長く付き合えるというのは夫婦も一緒かな?

大倉「源流」水もと 純米生原酒
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2019.05.28

シリーズの最高峰「新きらめき燦然 純米大吟醸 雄町50」の登場です。きらめき度★★★★★MAX。単にフルーティーなお酒というだけでなく、より綺麗に洗練されていきます。「日本酒はやっぱり辛口じゃないと」という辛口党とは反対の甘みを強く感じるお酒ですが、酸味とのバランスが良く、甘ったるいお酒とは異なります。甘口のお酒をバカにしてはいけません。一部の熱狂的なファンに支持される魅惑の中毒系日本酒。間口は狭いがリピート率高し。ぜひ、この果実をまるかじりしたような濃厚な味わいをご体験ください。女性、日本酒初心者、甘党、香り系好きな方。お待ちしております。

新きらめき燦然 純米大吟醸 雄町50
1800ml 3,780円 720ml 1,890円[tax included]

2019.05.23

一度でも体験したことがある人は実感だと思いますが、米作りは結構たいへんです。海外のような大規模な農業ではなく、狭い農地で人力で作るとなるとなおさら。そのような農家さんが作った大事なお米。もちろんブランド力を高めるために大吟醸などの良いお酒を造るというのもアリなのでしょうが、お米を半分以上磨いていくわけですから、ざっくり言えば半分以上は捨ててしまうわけです。「せっかく農家さんが手塩にかけて作ったお米です。できるだけまるごと味わってあげたい」という思いから誕生したのが、この天明MITSUGOシリーズ。変にひねって考えることなく、真っ当な設備で、真っ当に精魂込めて作った山廃純米は、青バナナやメロン、白ぶどうのような爽やかな香りと、キュートな酸味が特徴の良いお酒に仕上がりました。
天明MISTUGO 「金」 山廃純米80<生>
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2019.05.16

万能調味料ではなく、ザ・万能酒!それが亀齢Check「白」。繊細な白身魚の刺し身にも合えば、コッテリとした豚の角煮にも合う。なぜ?なぜ?なぜ?洋梨やパインのようなフルーティーな香りはします。でも、グラスに注いだ際の立ち香ではあまり感じません。しかし、口に含んだ際の含み香ではしっかりと感じます。香味がお酒に溶け込んでいる良いお酒の証拠です。よって、プンプン香るお酒とは異なるため、温めても美味しい。しっかりとした酸味を感じる骨格のある純米酒は、何年熟成させてもOK。しかも常温保管OK。開栓後も早く飲む心配無用!しかもこのコスパの良さ!この書ききれない魅力を一度ご堪能あれ。

亀齢 Check「白」純米無濾過原酒
1800ml 2,380円 720ml 1,230円[tax included]

2019.05.07