Loading...

株式会社

facebook instagram

news

Archive : 2019年 3月

宮城県は萩野酒造より、コンセプトがウケてます「Rシリーズ」の新酒がリリースとなりました。Rシリーズのテーマは、「世代の味覚に合わせた味わいを1本のタンクで表現する」です。今年は搾った後の火入れ処理の仕方で味わいの違いを表現することになり、みごと20代向け、30代向け、40代向けのお酒が完成致しました。現在、R30とR40は熟成中。一発目はR20からとなります。火入れをしない生酒です。造り手の佐藤善之さんよりコメントいただきました。「R20=生酒(しぼりたてをフレッシュに味わう ここからいかようにも変身できる20代新入生タイプ」な味わいだそうです。プシュ!シュワ!フレッシュ!スーと爽快な後口!新学期・新年度にむけてフレッシュマンたちよ。まずはR20を飲んで新学期・社会人デビューだ!
萩の鶴 特別純米 “R20” 生酒
1800ml 2,808円 720ml 1,512円[tax included]

2019.03.16

一見りんごのリキュールのようにも見えますが、日本酒です。日本酒の味わいを表現するのは難しいですね。複雑な香りの要素が絡み合ってひとつのお酒の特徴となっています。プロのソムリエに日本酒を表現してもらいますと、「淡い青レモン、豊富な花の香り、お米とミネラル感、天然水と海藻を彷彿させる、、、」と続いていき、どんどん消費者は迷走していきます。さて、この来福くだものシリーズは、日本酒にあまり慣れ親しんでない人でも、味や香りを誰もが食べている「くだもの」に例えて、わかりやすく楽しく飲んでもらおうというコンセプトのお酒です。一番の難題は、お酒が出来上がった後に実際に飲んでみて、香りの近いくだものを選ぶのではなく、つくる前から「このくだものに近い香りのお酒を造ってください」と蔵元さんに無茶振りしていること。実際にりんごっぽいかどうかは飲んで確かめてみてください。ご無理を聞いていただける来福酒造さんに感謝m(_ _)m
来福 くだもの「りんご」純米大吟醸<生>
1800ml 3,240円 720ml 1,690円[tax included]

2019.03.08

「お米の旨味を噛みしめるようにジワジワと味わっていただきたい」そんなコンセプトのお酒。それが、小左衛門 Dessin 「米の芯」です。なぜそのようなコンセプトになったかと言いますと、このお酒は3造り目となりますが、毎年、搾ってすぐのフレッシュな状態では味がのっておらず物足りない味わい。夏場を越えたあたりからグーンと味が乗りはじめ、旨味と酸味のバランスが良くなります。そんなことで、ゆっくりと熟成させてからリリースするお酒なのですが、今年は最長の14ヶ月も熟成させてしまいました。冷やして飲むと和梨のような素朴でまったりとした旨味が口に広がり心地よい余韻とともに消えていきます。温めて飲むと藁や穀物のような香ばしい香りが広がり、腰のすわった飲みごたえのある味わいに変化。この独特なワールドを楽しめるのが「米の芯」なのであります。
小左衛門 Dessin 「米の芯」 火入 29BY
1800ml 3,240円 720ml 1,680円[tax included]

2019.03.01